» 2013 » 1月のブログ記事

ダイエットをする時に炭水化物の摂り方に注意する低炭水化物ダイエットが話題となっています。
低炭水化物でダイエットをする方法とはどのようなものなのでしょうか。
低炭水化物ダイエットでは、炭水化物の摂取量を通常200~300gから、20~40gに抑えます。
糖分の代わりに脂肪がエネルギーの素となるので、肥満になりにくくなるとされています。
体の中に蓄積していた炭水化物をエネルギーとして全て使ってしまうため、2週間程度、炭水化物を一日20グラムでの食生活をします。
以後、徐々に炭水化物の摂取量を増やしていき、体の調子を整えましょう。
どの程度で体重が減らなくなるのかをチェックして、摂取できる炭水化物の量を決定します。
炭水化物の量を増やす時には野菜などを中心とした食事から始めていきます。
最初のうちはうどんや白いパンなどの高炭水化物の食品を摂取しないようにします。
チーズは炭水化物量が少ないので食べてもよく、肉や魚、卵を摂取することは特に問題はありません。
アルコールやカフェイン、糖分の入った飲み物は禁止です。
目標体重に近づいたら体重が安定する量まで少しずつ増やしましょう。
白米や砂糖を配合しているおやつは体重増加の原因ですので、できるだけやめましょう。
水分補給をしっかり行うことや、体に必要な栄養をきちんと摂ることが、炭水化物ダイエットではポイントになります。

各国の為替レートは絶えず変化しています。
なぜ為替レートは頻繁に数字を変えていくのでしょうか。
要因はじつにさまざまなのですが、大きい理由は3つあります。
ひとつは各国の経済指標です。
各国の経済情勢を知るための指標には、インフレ率、失業率、GNP、財政収支など色々なものがあります。
経済指標から、今後その国の経済が強くなると判断されると、その国の通貨価値が上昇します。
特に米ドルは世界の基軸通貨であり、アメリカが発表する経済指標は為替レートを大幅に上下させる要因となります。
金利は、為替レートに影響を及ぼす要素の一つです。
低金利の貨幣は、その国の景気の低さをあらわすといいます。
金利が低い国の為替レートは低下し、金利が高い国の為替レートは景気が今後上がると見なされて高くなりがちです。
3つめはテクニカル要因です。
投資家たちが過去のレートの値動きを表すグラフを参考にして相場を予想するものです。
為替チャートの分析や経済指標などに基づいて、投資家達は為替取引による利益を出そうとしています。
為替レートは、投資家の取引によっても変動します。
為替レートが今どんな状況にあるかによって、円高や円安といった状況になります。
外国通貨に対して、今は日本円が強いのか弱いのかで、円高や円安が決まります。
外国通貨による取引をしているところは、為替レートとの関わりが大きいといいます。